VOICE

社員の声

営業 | 第二本部


蔵谷 陽一

Yoichi Kuratani

自分と向き合うことで

僕は現在、名古屋で受信料契約収納事業に携わっています。入社当時からこの業務を行っているのですが、最初はなかなか思うような結果が出せずにいました。そこで、一度今までの自分を振り返り、「どうしたらお客様に満足いただけるか」を考え、日々行っている営業ロープレの内容をより質の高いものにしていくことで、徐々に結果が出るようになりました。「成功に近道はない」と、その時あらためて思いましたね。なにかを継続することは難しいですが、それが一番大事です。闇雲に努力を重ねるだけでは効果が薄いと感じました。なにが課題なのか、どうすれば目標に近づけるのかを考え、自己分析をしっかりした上で行動に移していくことが成長に繋がるということを実感しました。

挑戦の機会を与えてくれる環境

現場の意見やアイディアをしっかりと汲み取ってくれる、いわゆるボトムアップ経営が当社の特徴です。経営層ともコミュニケーションが取りやすい、風通しに良い会社環境なので、お客様に一番近い現場社員自らが感じ取れる課題や改善点を、組織運営に積極的に取り入れてくれます。いい意味で決まりがないんですよね。「自分たちの手で作り上げていくぞ」という当事者意識が生まれますし、結果が出せるチャンスがより広がっているので、仕事に対するモチベーションも高められます。全国に営業所が増えていってる中、その地域性に合わせた仕組み作りを現場社員たちと考え、それが結果に結びついたときはとても嬉しいですし、達成感があります。

変革のための道標に

今では愛知と静岡を束ねるエリア長として、部下のマネジメントにも取り組んでいます。以前は自分の売り上げを上げるために必死で取り組んでいました。エリア長という立場になり、会社のこと、組織のこと、お客様のこと、様々なところに目を向けられる、広い視野を持つことが必要となってきます。大げさに言ってしまうと、僕の言動一つで部下の今後のキャリアを左右してしまいます。なので、全員が「この会社に入って良かった!」と思ってもらえるように相手にとってなにがベストなのか、その選択をしっかりとしてあげることが今の僕の役目です。環境や仕組みだけでなく、部下の将来も創ってあげられる。そんなリーダーを目指しています。